〒260-0044
千葉県千葉市中央区
松波1-18-16
Tel.043-251-8546
Fax.043-253-8337

アクセスマップ

トップページ >> 診療案内

診療科目

【診療動物】

  犬・猫・小鳥・ハムスター・ウサギ


【診療科目】

  一般内科・循環器科・泌尿器科・呼吸器科・消化器科・腫瘍科・皮膚科・歯科・耳鼻科・眼科
  一般外科・整形外科・産科



混合ワクチンの接種は犬の場合、生後2、3ヶ月齢の計2回接種。以降は1年に1回の接種になります。猫の場合は生後2、3ヶ月齢の計2回接種、以降は1年に1回の接種になります。
当院では、飼育環境や健康状態によって飼い主様と相談して接種しています。お気軽にご相談ください。



【犬】

  • 5種混合ワクチン
  • 7種混合ワクチン
  • 8種混合ワクチン
  • 狂犬病ワクチン

※ 日本では年1回の狂犬病ワクチン接種と登録が法律で義務付けられています。


ワクチンで予防できる伝染病

犬ジステンパー
高熱、目やに、鼻水が出て、元気や食欲がなくなり、嘔吐や下痢もします。
死亡率の高い病気で、助かってもマヒなどの後遺症が残る場合があります。



犬アデノウィルス2型感染症
発熱、食欲不振、くしゃみ、鼻水の他、短く乾いた咳がみられ、肺炎を起こすこともあります。他のウイルスとの混合感染により症状が重くなり、死亡率が高くなる呼吸器病です。


犬伝染性肝炎
発熱、腹痛、嘔吐、下痢が見られ、目が白く濁ることもあります。子犬が感染すると、無症状のまま突然死することも。


犬パラインフルエンザウイルス感染症
カゼ症状が見られ、混合感染や二次感染が起こると重症になり、死亡することも。伝染力が非常に強い病気です。


犬パルボウイルス感染症
経口感染により、激しい嘔吐、下痢を起こし、食欲がなくなり、急激に衰弱。
重症になると脱水症状が進み、短時間で死亡することもあります。伝染力が強く、死亡率の高い病気。


犬コロナウイルス感染症
成犬の場合は、軽度の胃腸炎ですむことが多いですが、犬パルボウイルスとの混合感染では重症化することも。子犬の場合は、嘔吐と重度の水様性下痢を引き起こします。


犬のレプトスピラ感染症
イクテロヘモラージ型・・・発熱、嘔吐、黄疸、歯肉からの出血などが見られます。
カニコーラ型・・・発熱、筋肉痛、脱水症状などが現れ、尿毒症になり2~3日以内に死亡することがあります。
       人間にも共通の感染症です。


狂犬病
犬、人だけでなくほ乳動物すべてに感染し、発症すればほぼ100%死亡します。





【猫】

  • 3種混合ワクチン
  • 5種混合ワクチン
  • エイズワクチン

ワクチンで予防できる伝染病

猫カリシウイルス感染症(猫伝染性呼吸器感染症)
主に感染猫からうつります。風邪によく似たくしゃみ、鼻水、発熱などのほか歩行障害なども見られます。子猫の場合は他の病気との合併症により症状が悪化して、死亡することもあります。



猫ウイルス性鼻気管炎(猫伝染性呼吸器感染症)
主に感染猫のくしゃみや咳などの飛沫感染でうつります。くしゃみや鼻水、発熱のほか、口内炎や結膜炎なども見られます。重傷になると死亡することもあります。


猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)
主に感染猫の排泄物の接触でうつります。高熱、嘔吐、下痢などの症状がみられ、子猫では死亡率の高い病気です。妊娠中の母猫が感染すると、流産をしたり運動障害のある子猫が生まれたりします。


猫白血病ウイルス感染症
感染源は唾液で、グリルーミングやケンカなどの接触でうつります。
発症すると免疫力が低下してさまざまな病気を引き起こし、多くは死に至ります。


猫クラミジア症
主に感染猫との接触でうつります。結膜炎が代表的な症状ですが、くしゃみ、鼻水、咳や肺炎を起こすことも。
重症化すると死亡することもあります。


猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)
主に感染猫とのケンカなどでうつります。初期は発熱などがみられ、その後長い無症状キャリア期を経て、慢性的な下痢など抵抗力の低下が招くさまざまな症状がみられ、次第にやせ衰えて死に至ります。




【犬について】

不妊・去勢手術とは通常、雌の場合、子宮と卵巣を摘出すること、雄の場合は精巣(睾丸)を摘出する手術です。
手術は5~8ヶ月齢で行なうのが理想的といわれています。

【手術の目的】

  • 望まれない子犬の出産を防ぎます
  • 発情が無くなります
  • 子宮の病気が無くなります(雌)
  • 乳腺腫瘍の発生のリスクを少なくできます

※一度手術をすると元には戻せませんので、手術前に獣医師の説明をよく聞いて、充分納得した上で手術を受けてください。
また太りやすくなりますので、適切な食事管理、運動管理で予防しましょう。



【猫について】

不妊・去勢手術とは通常、雌の場合、子宮と卵巣を摘出すること、雄の場合は精巣(睾丸)を摘出する手術です。
手術は5~8ヶ月齢で行なうのが理想的といわれています。

【手術の目的】

  • 望まれない子猫の出産を防ぎます
  • 発情が無くなります
  • 独特で強烈な尿の臭いを抑えます(雄)
  • 子宮の病気が無くなります(雌)
  • 乳腺腫瘍の発生のリスクを少なくできます

※一度手術をすると元には戻せませんので、手術前に獣医師の説明をよく聞いて、充分納得した上で手術を受けてください。
また太りやすくなりますので、適切な食事管理、運動管理で予防しましょう。



当院では入院室を完備しています。特に症状の重いペットに関しては常に状態をチェックしながら治療をおこなっています。
快適な温度に保たれており、手術後のペットが早く退院できるよう看護をしています。





トリミングについて

当院では、予約制でシャンプー・トリミングをおこなっています。
皮膚のトラブルには、最適なシャンプー剤を使用いたします。






ページトップに戻る